まずはじめに腱鞘炎を知ろう

腱鞘炎 手首を回すだけで激痛が走るドゥケルバン腱鞘炎。
指を曲げる時に激痛が走り指を曲げられない状態にあるバネ指。
どちらも腱鞘炎です。

腱鞘炎という言葉、みなさんはご存知だと思いますが、腱鞘炎はどこがどうなって、あの激痛が走るのか知らない方いると思うのです。
管理人も腱鞘炎に悩みはじめた頃、知識が不足していてアキレス腱などの腱が炎症を起こしているのだと考えていました。そうではないんですね。

腱鞘炎に限らず、何かを治したい時は、なぜ痛むのか原因を解明することが大切です。原因がわからないと治療もできません。

狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)。これが一般的に言われている腱鞘炎の名前です。

腱というのは腱鞘というトンネルに包まれています。腱というとアキレス腱が有名ですが、もちろんアキレス腱も腱鞘に包まれています。

腱鞘炎とはその名の通り腱鞘が炎症を起こしている状態です。腱が炎症を起こしているわけではありません。トンネル部分である腱鞘が炎症を起こし腫れて、腱のスムーズな通りを邪魔している状態です。
手首が痛い腱鞘炎でも指付近が痛い腱鞘炎でも同じです。腱鞘が炎症を起こしています。
ですから腱鞘の部分の炎症が治まり元通りのトンネルになれば腱鞘炎から解放されるというわけです。

自宅で腱鞘炎改善出来ました

ご自宅で腱鞘炎を改善する初めてのプログラムです。
急性にも慢性の症状にも。こういった腱鞘炎のプログラムが出るのを待ち望んでいました。。>>詳しくはこちら

メニュー一覧

腱鞘炎を知ろう  ドゥケルバン腱鞘炎  バネ指  アキレス腱鞘炎
冷やして腱鞘炎治療  注射で治療  鍼灸院に行く  手術 体験
腱鞘炎は労災扱い?  運動しよう

Copyright (C) 手首の腱鞘炎ガイドブック. All All Rights Reserved.