バネ指の治療法

バネ指指の腱鞘炎であるバネ指。
ドゥケルバン腱鞘炎と同様に腱鞘が炎症を起こしていて痛みが出てきます。
指を曲げて伸ばす時、伸ばしづらかったり、少しでも痛みが生じる時はバネ指になっている可能性を疑ったほうがよいかもしれません。

というのも指というのは人間の体の中でも多く曲げたり伸ばしたりする部位ですね。いやむしろ人間の体の中で一番酷使する場所かもしれません。
人間の体というのはよく出来ていてよく使う場所は強くできています。強く出来ているという事は、弱った時でも反応が鈍いという事です。何か指が曲がらなくなった、伸ばしづらくなったと感じた時には、腱鞘炎の症状はかなり進行しているのかもしれません。

体の大事な臓器、肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。肝臓には解毒作用があり、お酒を飲んだ時のアルコールも肝臓で分解しますし、体の疲れも肝臓が癒してくれます。
肝臓自体は弱っているのに、体はその異変に気が付かない。進行して病気が分かった時には手遅れだったという話があります。

肝臓ほど鈍くはないと思いますが、バネ指も指の腱鞘がしっかりしているだけに注意が必要です。

指は人間が生活するうえで、本当によく使う場所です。腱鞘炎の治療には使いすぎていた箇所を休ませる事が大事になってくるのですが、バネ指の場合、なかなか休ませるというのは大変です。家事や育児はもちろん、仕事でパソコンや字を書く事も休まなければならないのですから。

自宅で腱鞘炎改善出来ました

ご自宅で腱鞘炎を改善する初めてのプログラムです。
急性にも慢性の症状にも。こういった腱鞘炎のプログラムが出るのを待ち望んでいました。。>>詳しくはこちら

メニュー一覧

腱鞘炎を知ろう  ドゥケルバン腱鞘炎  バネ指  アキレス腱鞘炎
冷やして腱鞘炎治療  注射で治療  鍼灸院に行く  手術 体験
腱鞘炎は労災扱い?  運動しよう

Copyright (C) 手首の腱鞘炎ガイドブック. All All Rights Reserved.